韓国人の日本特許出願、12年連続3位
2016/05 電子新聞
去年、日本内の外国人による特許多出願国家順位で韓国が3位となったと分かった。

特許庁は、最近日本特許庁が発表した‘Status Report 2016’を分析した結果、去年日本で特許を最も多く出願した外国人国家順位において、韓国(5222件)が米国(2万6501件)、ドイツ(6430件)に続き3位となったと1日明らかにした。

これによって、韓国は、2004年から2015年まで12年連続日本で特許出願を三番目に多く行った国家となった。

日本内の韓国人による特許出願件数は、2006年の7220件をピークに小幅上がり下がりを繰り返したが、着実な出願傾向を見せ、2004年以後国家順位で上位を維持してきた。

去年、日本で商標を最も多く出願した外国人国家は米国(8777件)であり、中国(2616件)とドイツ(2333件)、韓国(2145件)の順であった。デザイン分野では、米国(1584件)に続き、韓国が2位(604件)となった。

パク・ヨンジュ国際協力課長は、“韓国企業の日本内の知識財産活動が上位圏を維持し続けていることは評価されることであるが、中国の旺盛な成長勢に注目する必要がある”とし、“海外進出を念頭においている企業は、特許など知識財産権を現地で予め確保することが重要である”と述べた。